4年に一度の野球のビッグイベント、WBCが終わりました。
野球の母国アメリカが初優勝。強かったですね〜。今大会を通じて、先発投手陣の安定ぶりが際立っていました。今日の決勝は打線もつながっての大勝だったけど、最大の勝因は投手陣だと思います。

侍ジャパンは準決勝で敗れたわけですが、前回2013年にサンフランシスコで悔しい負けを味わって、そのあと、2014年の日米野球、2015年の日欧野球、プレミア12、去年の強化試合…世界一奪還を目指す侍ジャパンをずっと見続けてきました。
勝手に、選手と同じような気持ちだったので、悔しさとか、終わってしまった感が半端ないけど、でも、今回は前回とは違って負け方が良かったというか、相手もアメリカだったし、そのアメリカが決勝でプエルトリコに圧勝だったし、侍ジャパンの健闘ぶりが光った気がします。
彼らに伝えたいのは「お疲れ様」「ありがとう」という言葉しかないです。すぐにシーズンが始まるので休む間もないわけですが、ほんの少しでも疲れを癒せたらいいですね。
僕も帰国したら少しだけ休んで、プロ野球とMLBのレギュラーシーズン開幕に備えたいと思います。

JSPORTSでWBCを見てくださったみなさん、ありがとうございました。